タイ移住記タイスキ! TOP >バンコク長期滞在情報:バンコクでの食事 >

コカグループの日本料理、牡丹亭

タイスキで有名なコカグループは、様々な飲食店を経営しており
日本食レストラン、牡丹亭もそのひとつ。

というわけで、コカ本店マンゴー・ツリーにひき続き、
牡丹亭(botantei)に行ってきました。
牡丹亭(トリニティ・シーロム・ホテル、バンコク)

牡丹亭というと、BTSプロンポン駅近くの
プレジデント・パーク・ホテル内にある店舗が有名ですが

実はBTSチョンノンシー駅から歩いて5分ほどの距離にある、
トリニティ・シーロム・ホテル(Trinity Silom Hotel)内にもあります。

トリニティ・コンプレックス(Trinity Complex)という
ショッピングモールの奥にあり、ちょっとわかりにくいかも。

僕たちは2週間以上この近辺に滞在して、やっと知った場所です。

シックなデザインで落ち着いた雰囲気の店内。
牡丹亭店内(トリニティ・シーロム・ホテル、バンコク)

鍋物ができるテーブルやバーカウンターもありました。

メニューはかなり豊富です。

ここでは日系以外のお店としては初の生魚を使った料理、
鉄火丼を注文。
鉄火丼(牡丹亭、バンコク)

味噌汁つきで見た目はいい感じ。

が、わさびの量が日本の約4倍!多すぎます。

これを見て、ここはタイ人向けの日本食レストランだなと感じました。

というのも、タイ人は寿司や刺身を食べるときに
日本人からは考えられないほどの量のわさびを使うんです。

寿司にはわさびが入っているというのに、さらにわさびをつけます。

たっぷりわさびを使わないと、薄味で、物足りないようです。

日本食の味わい方を間違ってますよね。

というわけで、僕らはわさびを1/4ほどだけ使って食事。

160バーツ(約480円)という値段にしては
生臭さなどもなく、ご飯の酢もほどよい感じでおいしく食べれました。

もう1品はカツカレーを注文。
カツカレー牡丹亭、バンコク)

カレー自体は辛くなかったのですが、
味はちょっとタイ風にアレンジされてる気がしました。

140バーツ(約420円)でかなりボリュームがありました。

これにシンハービールのスモール80バーツ(約240円)と
緑茶35バーツ(約100円)を頼み、サービス料がかかって
約460バーツ(約1380円)。

値段は安かったのですが、たぶん2回目はない気がします。

 

 

と、前回書いてましたが、どーしてもうどんが食べたくなったうえ、
ホテル近くにここしか日本食レストランがなかったので、
2009年11月にまた行ってきました。

温かいうどんは天ぷらなど油を使っているものしかなかったので
あっさりした、ざるうどんを注文。

冷やしうどん(牡丹亭)

これが、想像以上においしかった!

量は少ないですが、うどんはコシがあり、つゆもおいしい。
しかも、炒りゴマ付きで風味もあり。

これで110バーツは安いです。

見た目、ちらし寿司のようにも見えますが、
これは冷やし中華です。

冷やし中華(牡丹亭)

これも、なかなかおいしく、値段は110バーツ。

 

というわけで、牡丹亭の麺類が予想以上においしく
前回とは間逆になってしましますが、、、

また、麺類を食べに来たいと思いました。

 

 

牡丹亭 -botantei-
住   所:150 Trinity Complex,Soi Phiphat 2,Silom,Bangrak,Bangkok 10500
電   話:02-231-5408
その他  :クレジットカード可
      サービス料10%かかります。



(2009年3月29日作成)
(2009年11月19日更新)


 ≪伝統的タイ料理、マンゴー・ツリー 有吉弘行さんが働いたお店、とん清 ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ