タイ移住記タイスキ! TOP >バンコク長期滞在情報:バンコクでの食事 >

日本食レストラン、FUJI

タイに数十店舗ある日本食レストラン、FUJI(フジ)。

シーロム・コンプレックス地下にある富士に行ってきました。
日本食レストラン、富士(FUJI、シーロム・コンプレックス、バンコク)

案内された席はテーブルごとに仕切りのある、くつを脱いで座れる席。
店内には竹があり、かなり"和"を意識しています。

タイ人が多かったので、日本人向けというよりタイ人向けなんでしょう。 

メニューは寿司、刺身、そば、うどん、定食等さまざまあり
どれもおいしそうですが、刺身だけは注文する気になれませんね。

豚しょうが焼き定食120バーツ(約360円)。
豚しょうが焼き定食(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

日本のしょうが焼きとは違いタイ風にアレンジされ
なぜか、一味がかかったマヨネーズつき。

しょうが焼きの味ではなかったのですが、味はおいしいです。
ただ、マヨネーズは余計でしたが。

おいしかった、とんかつ定食130バーツ前後(約390円)。
とんかつ定食(富士、バンコク)

富士の白米は日本米のようで、ご飯がパラパラしておらず、
やわらかくておいしく食べれます。

ただ、定食の不思議な点は、漬物の代わりにキムチがあること。
揚げだし豆腐も一口サイズでちょっと変わってます。

揚げたて、アツアツでおいしかった、鳥の唐揚げ。
鳥の唐揚げ(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

ポテトサラダの春巻き。
普通におしかったんですが、こんな料理、日本にはなかった気が。。。
ポテトサラダの春巻き(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

焼き飯は日本米を使っているので、パラパラ感は少なかったですね。
焼き飯(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

この日はビア・シン(シンハー・ビール)大2本も飲み、
合計800バーツ(約2400円)を超えていました。

ちょっと高い?と思ったら、サービス料10%がかかっていました。

手続きに時間がかかりますが、クレジットカードで支払えます。

富士のホームページ、FUJI JAPANESE RESTAURANT
タイ語は全く読めませんが、ちょっと変わったトップページです。

そして、富士を経営するTSUKUI GROUP、
タイでは日本食レストラン、日本ではタイ料理レストランを経営しています。

日本のタイ料理レストラン、バンコク・キッチンは日本人好みにアレンジされ
おいしそうですが、いいお値段します。


 

後日、夫婦で行ったときのメニューです。

甘みが少なめ、いなり寿司70バーツ(約210円)。
いなり寿司(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

 あっさりダシがなかなか良かった、鍋焼きうどん140バーツ(約420円)。
鍋焼きうどん(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

ちょっとソースが変わっていた、焼きうどん80バーツ(約240円)。
焼きうどん(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

富士オリジナルブランドの冷たい緑茶。20バーツ(約60円)。
この緑茶は日本のペットボトルでもなかなか出会えない濃さで
気に入った緑茶です。
濃い緑茶(富士、シーロム・コンプレックス、バンコク)

このときの支払いは300バーツちょっとで
クレジットカード払いができました。


(2009年3月20日作成)
(2009年3月21日更新)


 ≪クレジットカードの壁 イタリアンレストラン、Cafe Naam ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ