タイ移住記タイスキ! TOP >バンコク長期滞在情報:バンコクでの食事 >

ジム・トンプソン・カフェ、伊勢丹店

巨大ショッピングセンター、セントラル・ワールド内を歩いていたら
伊勢丹の1階でジム・トンプソン・カフェを発見。
ジムトンプソン・カフェ伊勢丹店(バンコク)

歩きすぎて疲れていたのと、一度は利用してみたかったので
休憩がてら昼食をジムトンプソン・カフェで食べてきました。

店内は落ち着いた雰囲気でゆったりできる空間です。

パン、ケーキ、デザート類のほか、タイ料理、洋食などもあり、
メニュー数が多くて、かなり迷いました。

やっと決めたメニューのひとつ、
トート・マン・クンが入った揚げ物セットを頼んだら
今日は終わったといわれ、パッタイを注文。

薄焼き卵に包まれたお洒落な盛り付けのパッタイです。
薄焼き卵に包まれたパッタイ(ジムトンプソン・カフェ伊勢丹、バンコク)

屋台などで食べてきた独特の酸味がない、上品な味。
しかも、炒り卵でパッタイに混ざったものより
薄焼き卵にしてある方がずっとおいしいですね。

中には大きなプリプリのエビも入っており大満足の味でした。

そして一緒についてきた生野菜盛り。
パッタイについていた生野菜盛り(ジムトンプソン・カフェ伊勢丹、バンコク)

きゅうり、レタスは分かりますが、他にもハーブや白菜があり、
初めて見た野菜までありました(写真右)。

口にはあわず、少ししか食べませんでしたが、皆これを食べているのでしょうか。

これで150バーツ(約450円)。
少々高めですが、この味と盛り付けなら納得でした。

もう1品はトンプソン・スパゲティ。
トンプソン・スパゲティ(ジムトンプソン・カフェ伊勢丹、バンコク)

ペペロンチーノに近い材料だったので注文したんですが
塩、黒コショウが効きすぎて塩辛かったですね。

しかも量は少なめで200バーツ(約600円)。
これは納得のいかない一品でした。

シンハービール(ビア・シン)110バーツと一緒に出てきたおつまみ。
おつまみ(ジムトンプソン・カフェ伊勢丹、バンコク)

中華料理などある、油で揚げると膨らむエビせんべいのような食感。

薄っすらついた紫色はエビではなくタロイモとかなのでしょうか。
ビールによく合う一品です。

ほかに、フレッシュオレンジジュース100バーツを頼み、
サービスチャージ5%加算がされて588バーツ(約1700円)。

次来るときはデザートメニューにチャレンジです。

ジム・トンプソン・カフェ 伊勢丹店 -Jim Thompson Cafe-
住   所:1st Floor Isetan Department Store Central World Plaza
       4/1-4/2 Rajadamri Road,Pathumwan,Bangkok,Thailand
営業時間:毎日10:00~21:00
電   話:662-255-9813-4
その他  :クレジットカード可、日本語メニューあり
       ジム・トンプソン本店2階、サラディーン・カフェなどもあります


(2009年3月26日作成)
(2009年3月26日更新)


 ≪吉野家そっくり、牛野屋 コーヒーワールド(Coffee World) ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ