タイ移住記タイスキ! TOP >バンコク長期滞在情報:バンコクでの食事 >

お好み焼きともんじゃ焼きのお店、なんじゃもんじゃ

バンコクでもお好み焼きが食べれるということを聞き、
週末に行ってきました。

場所はBTSチョンノンシー駅から300mほどのところで
サトーン通り(Sathorn Rd.)の
アスコット・バンコク・サトーン(Ascott Bangkok Sathorn)の1階。
お好み焼きともんじゃ焼きのお店、なんじゃもんじゃ(アスコット・バンコク・サトーン、バンコク)

扉を開けると、"いらっしゃいませー"と日本語で出迎え。

店内は以外に広く、2階席もあります。
店内(なんじゃもんじゃ、バンコク)

案内された席につくと、鉄板がすでに温めてありました。
鉄板(なんじゃもんじゃ、バンコク)

メニューは縦書きの日本語メニュー。

ドリンクや豚玉などを注文したら、なぜかもう1枚、
好きなお好み焼きを選んでくださいとのこと。

ん???と思ったら

なんじゃもんじゃでは毎週、土・日・祝日にお好み焼きを注文したお客に
もう一皿プレゼントしてくれるという太っ腹なサービスを実施中でした。

というわけでもう1皿はねぎ玉を注文。

アサヒの生ビールもあったので注文。
1杯140バーツ(約420円)。
アサヒ生ビール(なんじゃもんじゃ、バンコク)

やっぱり生ビールはいいですね~。

豆腐サラダ、160バーツ(約480円)注文。
豆腐サラダ(なんじゃもんじゃ、バンコク)

久しぶりの醤油ドレッシング。
しかも四角い豆腐で、日本人好みの味です。

というのもタイ人向けの日本食レストランの豆腐は
なぜか丸いものが多いんです。

さらに定食などのサラダにかけてあるドレッシングで
醤油ドレッシングがかかっていたことはなかったので
ここの豆腐サラダはよかったですね。

きれいに盛りつけられた豚玉の具を持ってきてくれました。
豚玉(なんじゃもんじゃ、バンコク)

自分で焼くこともできますが、
タイではどんな風に焼いてくれるのかという興味もあり、
すべてお願いしました。

豚だけ取り出し、慣れた手つきで
スピーディーに混ぜてました。
豚玉かき混ぜ中(なんじゃもんじゃ、バンコク)

手前が豚玉、奥がねぎ玉。きれいな形です。
どちらも値段は300バーツ(約900円)ほど。
豚玉とねぎ玉加熱中(なんじゃもんじゃ、バンコク)

時々焼き加減をチェックしにきてくれ、焼きあがったら
食べ易く切ってくれたうえに、トッピングも全てしてくれました。
出来立ての豚玉(なんじゃもんじゃ、バンコク)

青海苔、かつおぶしたっぷりの豚玉です。
青海苔、かつおぶしたっぷりの豚玉(なんじゃもんじゃ、バンコク)

山芋がたっぷり入っていて、ふわふわのお好み焼き。

ソースはどろソースなど、日本の調味料を使っており
とってもおいしかったですね。
日本の調味料(なんじゃもんじゃ、バンコク)

ねぎ玉も、もちろんおいしく、あっという間に食べました。

鉄板焼きメニューも充実しており、それらもおいしそうでした。
また、うどんやおにぎりなどもあります。

そいうえば店内にはドリンク専門の女性店員がいましたね。
妻はライムジュースを頼んだんですが
無くなるとグラスに追加してくれました。

ソフトドリンクは何杯飲んでも同じ金額のようです。

店内には日本語の新聞や雑誌、流れる音楽もサザンやユーミンなど
完全に日本人向け。

そして、来店客の9割以上が日本人でした。

価格はサービス料と税金がかかって約750バーツ(約2250円)。
お好み焼き1枚が無料だったので安かったですね。

なんじゃもんじゃ -NANJYA MONJYA ASIA-
住   所:The Ascott No.187,South Sathorn Rd., Yanawa, Sathorn, Bangkok 10120
営業時間:毎日11:30~14:20 17:30~24:00
電   話:0-2676-7190、7191
その他  :クレジットカード可  日本語メニューあり


(2009年4月 5日作成)
(2009年4月 5日更新)


 ≪リトル・ホーム・ベーカリー SAVOY EXPRESS ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ