タイ移住記タイスキ! TOP >バンコク長期滞在情報:バンコクでの生活 >

バンコクのタクシー事情

バンコクには非常にたくさんのメータータクシーが走っています。

しかも基本料金は1kmまで35B(約100円)、
以後1kmごとに数バーツずつ加算されていき

バンコク中心部の移動なら100バーツ(約300円)を
超えることは少ないので、気軽に利用したい乗り物です。

が!

バンコクのタクシーは、そう気軽に利用できません。
というのも乗車拒否されることがよくあります。

市内には、たくさんタクシーがいるのにもかかわらずです。
バンコクのタクシー

写真の黄、ピンク、赤、水色の車は全てタクシー。

これだけタクシーがいれば、競争が激しいはずで
普通なら少しでもお客を乗せようとするはず。

さらに、トゥクトゥクやモーターサイといった乗り物もあり
ライバルは多いはずです。

が、バンコクは乗車拒否が普通にあります。

最初は外国人なので行きたい場所が通じてないのかと思ってました。

でもそれは違うようで、どうやら面倒な移動は嫌がられるようです。

例えば、一方通行でUターンしなければいけない場所とか
中途半端な遠さの場所だと、嫌がるようなのです。

中にはメータータクシーなのに、料金を交渉している運転手も。
こういうタクシーは最初から相手にはしませんが。

ただ、全てのタクシーが嫌がるわけではありません。

当然、とても良心的なメータータクシー運転手もたくさんいます。

僕たちが今まで利用した感覚では
黄色のメータータクシーは断られる確率が高く、
ピンクのメータータクシーはOKの確率が高かったです。

個人的な感覚でしたがネットを検索しても同じようなことを
書いている方がいらっしゃいましたのであながち間違いじゃないかも。

ただし、これは流しのメータータクシーをつかまえた場合です。

観光地などでタクシーを停めて観光客を待っている運転手は
タクシーの色に関係なく、高めの値段で交渉してくる傾向があります。

もうひとつ気軽に利用できない理由が、通勤時間帯の渋滞。

朝夕の通勤時間帯の渋滞はひどいものです。
バンコクの渋滞

この時間帯だったら、目的地にもよりますが
BTSや地下鉄の近くだったらそっちの方がずっといいでしょう。

というわけで、バンコクでタクシーを利用する場合は
数台に断られてもいい覚悟で停めましょう。

そして、必ずメーターをきちんと使ってくれるか確認することも大事です。

また、助手席に座る場合はきちんとシートベルトをしましょう。
バンコクのシートベルト規制は厳しいようです。


(2009年3月30日作成)
(2009年3月30日更新)


 ≪巨大なセントラル・ワールド(Central World) i-Residence Hotel(アイ・レジデンスホテル) ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ