タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイでの食事 >

日本料理店、だるま2

2008年に利用した日本料理店、だるまに2009年も行ってきました。。

だるまはターペー門南西のチェンマイ・プラザ・ホテル近くにあるため
ビアンブア・マンションから徒歩で行ける距離ではありません。

というわけで、2009年初のソンテウ(乗り合いタクシー)を大通りでつかまえ、
チェンマイ・プラザ・ホテルまで連れて行ってもらうことに。

この日は旧市街中心部でサンデーマーケットが開催されるため
車は旧市街中心部を通れません。

そのため、ちょっと遠回りしてチェンマイ・プラザ・ホテル前へ。

結構距離があったのですが、料金は1人たったの20B(約60円)!
良心的な運転手さんでした。

チェンマイ・プラザ・ホテルすぐ横にある通りを
50mほどすすむと"だるま"があります。
日本料理店、だるま(チェンマイ)

お店の店員はタイ人女性ですが、皆日本語ができるうえ
メニューも日本語なので注文がとっても楽!

男性はとんかつ定食、女性はしょうが焼き定食を注文。
さてそれぞれいくらでしょう?
とんかつ定食(だるま、チェンマイ)
(とんかつ定食)

しょうが焼き定食(だるま、チェンマイ)
(しょうが焼き定食)

どちらも日本人が好む味付けで、サラダのほか、冷奴や漬物まで付いてます。

 

正解は・・・

どちらも110バーツ(約330円)です。

これでかなりお腹いっぱいになりました。

ひとつだけ残念だったのは、ビールのおつまみとして頼んだ
揚げだし豆腐とだし巻き卵が定食と一緒に出てきたこと。

もっと注文するタイミングをずらすべきでした。
しかもだし巻き卵は、、、
だしまき卵(だるま、チェンマイ)

この5切れで75バーツ(約230円)。

定食で110バーツ(約330円)と考えたら値段が高い気もします。
卵を巻くという技術料が入っているのかも?

私達が帰る頃には数組の日本人が来店しており
長期滞在者はやはり、和食が懐かしくなるんでしょう。

しかも、これだけ低価格なら、なおさらです。

 

と思っていたら、去年からだいぶ値上がりしていました。

後日偶然会った日本人の方いわく、2008年に比べて
だるまにくるお客が激減しているそうです。

不況の影響なんでしょうか。 

2008年に行ったときの様子はこちら
日本料理店、だるま1


(2009年2月23日作成)
(2009年3月21日更新)


 ≪屋台の米麺、クイッティアオ タイ・スキ、スキ・ロテ・イヤム ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ