タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイでの食事 >

タイ・スキ、スキ・ロテ・イヤム

ビアンブア・マンションから歩いて20分ほどの場所に
タイ・スキ店が3、4軒あるようで、この日はその1軒、
スキ・ロテ・イヤム(Suki Rote yiam)に行くことに。

スキ・ロテ・イヤム(Suki Rote yiam)は、
ショップピングセンター、カード・スアン・ケーオ(Kad Suan Kaew)の
地下1階にあります。
スキ・ロテ・イヤム-Suki Rote yiam-(Kad Suan Kaew、チェンマイ)

席は20席ほど、MKのような奇麗さはなく
こじんまりしているタイ・スキ店です。

豚肉、牛肉、野菜、豆腐、ワンタン、えびなど単品で8皿注文。

一気に具を入れすぎました。。。
タイスキ(スキ・ロテ・イヤム、チェンマイ)

スキ・ロテ・イヤムのタレは、甘さ、辛さが絶妙に良く、
スープもおいしかったですね。

そして、野菜も新鮮でおいしかったのですが
肉類の質がちょっと悪かったです。

スープ、タレがおいしかっただけに、残念でした。

そして、タイ・スキ独特の麺が、グリーンの麺。
タイ・スキ独特の麺、グリーン麺(スキ・ロテ・イヤム、チェンマイ)

タイ・スキ店によっては卵麺がないお店が多く
ここもグリーン麺のみ。

すごく変わった味がするわけでもなく、普通においしいのですが
緑色の麺って、最初は勇気がいりました。

あと、母親がずっと食べたがっていた、タイ風えびのさつま揚げ、
トート・マン・クンがあり注文。
タイ風えびのさつま揚げ、トート・マン・クン(スキ・ロテ・イヤム、チェンマイ)

エビをすり身状にして揚げてあるので、確かにさつま揚げなんですが
とんかつのような衣をまぶして揚げてあるので、
日本でいう、さつま揚げとはちょっと違いますね。

だから"タイ風さつま揚げ"なんでしょうけど。

味はおいしいのですが、ちょっと油っぽいので
油物が苦手な人は1個で十分かも。

ほかにも、鶏の唐揚げやシンハービール大2本などを頼み、
約650バーツ(約1950円)。

以前、4人でMKで食べた時よりもかなり安い気がします。


(2009年2月25日作成)
(2009年3月21日更新)


 ≪日本料理店、だるま2 チャン・プアック通りの食堂 ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ