タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイ周辺観光 >

チェンマイ動物園(2009)

またパンダを見たくて、チェンマイ動物園に行ってきました。
チェンマイ動物園入口

赤ちゃんパンダが生まれたこともあってか、観光客が多かったです。
そして、園内の施設が前よりずっと充実&整備されています。

園内には約1年前、水族館もできているんですが、別料金。

動物園の入園料とは別に水族館の入館料が450バーツ。

日本に比べれば安いんですが、タイの物価から考えると
この水族館の料金はちょっと高い気もしますが。
チェンマイ動物園入り口

 

動物園内はとても広いのでトラムを利用することを絶対オススメします。

以前、トラムを使わずに歩きまわったら、
全部見回る前に恐ろしく体力を消耗してしまいました。

料金も20バーツと安いので是非これは利用しましょう。

新しくモノレールも出来ていましたが、こちらは150バーツ。
回る範囲はトラムより狭そうなので、トラムの方がずっといい気がしました。

 

トラムに乗って最初に降りた場所がパンダ前。
パンダを見るには別料金がかかり、1人100バーツ。

そして、11月1日~3日は時間限定で赤ちゃんパンダがみれるということで
動物園の入園券とパンダ入場券を見せて、整理券をもらい、列へ。

さらに赤ちゃんパンダを見るために、
1人4バーツ払ってマスクをつけ、いざ赤ちゃんパンダへ。

赤ちゃんパンダのリン・ピンちゃん、めちゃくちゃかわいい。
赤ちゃんパンダ、リン・ピン(チェンマイ動物園)

生後150日ほどで約12kgですが、まだまだ子供、かわいすぎます。
リン・ピンの食事(チェンマイ動物園)

隣の柵にはお父さんパンダのチュアンチュアンがいたんですが
すぐ隣に自分の子供がいるのをわかってか、
ちょっと苛立っているかのように動き回ってました。

柵ごしに、自分の子供を眺める姿も。
お父さんパンダのチュアンチュアン(チェンマイ動物園)

子供がいないときは、こんなにだらーんと
気持ちよさそうーに寝ているのに。
ジャイアントパンダ(チェンマイ動物園)

メスのリンフイとオスのチュアンチュアン待望の初赤ちゃんとあって
動物園のスタッフはとっても敏感になってました。

そして、リン・ピンに過保護すぎる気もしました。
初ベイビーなので当然なのかもせれませんが。

 

他にもかばのこんな姿や
かば(チェンマイ動物園)

凛々しいライオンの姿も見れました。
ライオン(チェンマイ動物園)

コアラも。
コアラ(チェンマイ動物園)

以前に比べ、動物園を十分に楽しめました。
パンダを観にいくだけでも、価値あります。

他にもチェンマイ動物園で撮ったパンダ写真を
ジャイアントパンダ写真集で紹介しています。
よろしければご覧ください。
ジャイアントパンダ写真集

 

チェンマイ動物園
住   所:100 Heaykeaw Road, Tambol Suthep, Ampher Muang, Chiangmai
営業時間:9:00~17:00(チケット販売時間)
電   話:0-5322-1179
入園料 :外国人100バーツ 水族館450バーツ
      パンダは別途100バーツ必要

(交通手段)
行きはタニン市場から流しのソンテウで、2人で40バーツ
帰りは動物園前で待っているソンテウしかいなかったので
なんとか交渉して、2人で60バーツ。

トゥクトゥクは馴染みのおにいちゃんで2人で80バーツ。
帰りはながしのトゥクトゥク使って100バーツでした。

おまけ。
コアラとコアラ(チェンマイ動物園)


(2009年11月 1日作成)
(2009年11月 1日更新)


 ≪JJマーケット ロイクラトン(イーペン祭り) ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ