タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイ周辺観光 >

チェンマイで最も格式高いワット・プラ・シン

ワット・チェディ・ルアンを見た後、ワット・プラ・シンへ行く予定ですが
かなり暑かったため、コーヒーブレイク。

旧市街中心部の警察署すぐそばにあったコーヒーショップ、
ラチャダムヌーン・コーヒー(Ratchadumnern Coffee)。
ラチャダムヌーン・コーヒー(旧市街、チェンマイ)

エアコンの効いたおしゃれなお店ですが
ドリンクはほとんど50バーツ(約150円)以下で気軽に利用できます。

日本だと高く感じるフルーツシェイクも安く
ストロベリーシェイクを注文。
ストロベリーシェイク(旧市街、チェンマイ)

これで40バーツ(約120円)です。

休憩後、ラチャダムヌーン通りを西へ歩き、
スアン・ドーク門(Suan Dok Gate)近くにあるワット・プラ・シンへ。

ワット・プラ・シン(Wat Phra Sng)はチェンマイで最も格式高い寺院。

ワット・チェディ・ルアンより100年以上前の1300年代中期に
王の墓として仏塔を建てたのが始まり。

境内にはいくつもの建物がありますが、寺院の由来となった、
プラ・シン仏が納められている礼拝堂、ウィハーン・ライカムが
一番多くの人で賑わっていました。

金色の壁がとても印象的な建物です。
ウィハーン・ライカム(ワット・チェディ・ルアン内)

境内には修行中と思われる少年の見習い僧がたくさんいます。
ワット・プラ・シンの見習い僧たち(チェンマイ)

チェンマイで最も格式高い寺院だけあって、
ここでの修行を希望する僧侶が多いのかもしれませんね。
(2009年2月23日作成)
(2009年2月23日更新)


 ≪格式高いワット・チェディ・ルアン サンデーマーケット ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ