タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイ周辺観光 >

白一色の寺院、ワット・ロン・クン

ツアーで次に寄った場所がワット・ロン・クン(Wat Rong Khun)です。

ワット・ロン・クンはメー・カチャン(Mae Khachan)の温泉から
車で約1時間ほど北上した場所にあります。

チェンライ市街からだと車で20~30分でしょうか。

タイの寺院は金色というイメージが強いせいか
ここを最初に見たときは、宮殿かと思いました。
ワット・ロン・クン-Wat Rong Khun-(チェンライ)
(白一色の寺院、ワット・ロン・クン)

この寺院は離れてみると、輝いているようにも見えます。
これは、白の中に細かい銀色の装飾が施されているからでした。
銀色の装飾(ワット・ロン・クン、チェンライ)

入り口には地獄をイメージしたようなリアルなアートもあります。
地獄のイメージ?(ワット・ロン・クン、チェンライ)

寺院内の絵はとても現代風で、仏様だけでなく
キアヌ・リーブスのマトリックスや宇宙船の絵などがありました。

境内はとてもきれいに手入れされており
やはり寺院の境内とは思えません。
ワット・ロン・クンの境内(チェンライ)

このワット・ロン・クン、チェンライ出身のグラフィック・アーティスト、
チャルーンチャイ・コーシピパット(Chalermchai Kositpipat)さんが
デザインし、1997年から建設が始まっています。

Chalermchai Kositpipatさんは仏教や神話を現代風に描く
タイではかなり有名なアーティスト。

若くして成功した彼は、自分の財産を投じてこの寺院の建設を始め、
今も新しい寺院を建設中です。

境内には建設費を集めるため、
Chalermchai Kositpipatさんの作品が販売されていました。

敷地内にマーライオン(?)発見!
マーライオン?(ワット・ロン・クン、チェンライ)

ワット・ロン・クン-Rong Khun-
寺院見学時間 :毎日6:30~18:00 無料
アートギャラリー:月~金 8:00~17:30


(2009年2月27日作成)
(2009年3月21日更新)


 ≪チェンライや首長族などめぐる1日ツアー ゴールデン・トライアングル ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ