タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイ周辺観光 >

ゴールデン・トライアングル

ワット・ロン・クン(Wat Rong Khun)からさらに北上し、
このツアーの目玉のひとつ、ゴールデン・トライアングルに到着。

ゴールデン・トライアングル(黄金の三角地帯)は
タイ、ラオス、ミャンマー(ビルマ)の3ヵ国が隣接する地帯。

昔、麻薬の生産地として有名だったこの地は今、観光地となっています。
ゴールデン・トライアングル(サーム・リアム・トーン・カム)

スピード・ボートに乗ってメコン川を周遊するんですが
このボート代はなんと別料金!

しかも1人あたり400バーツ!

だいぶ高いと思ったんですが
皆チケットを買ってスピード・ボートに乗り込むので、
私達もチケットを購入して乗船。

スピード・ボートにはガイドさんも乗り、メコン川を周遊しながら
ミャンマー、ラオス側にある建物などについて解説してくれます。

これなら最初からツアー料金にボート代を含めてほしかったですね。

ミャンマー(ビルマ)にある、カジノ、パラダイス。
カジノ、パラダイス(ミャンマー、ビルマ)

タイではカジノができないため、ここにきてカジノをする人もいるとか。
ちなみに、ラオス側でも現在、カジノを建設中だそうです。

ミャンマー(ビルマ)国境に近いタイ側の金の仏像。
かなり目立ちます。
金の仏像(サーム・リアム・トーン・カム、タイ)

メコン川周遊途中に、対岸の国、ラオス領のドン・サオ島(Don Sao)へ。
ラオス領、ドン・サオ島

ここはビザ不要で立ち寄れますが、
1人20バーツが必要でこれも現地で料金徴収。

んー、これもできればツアー料金に含めておいてほしいですね。

ここにはイミグレーション(下写真)があり、有料でスタンプを押してくれるとか。
ラオス領、ドン・サオ島のイミグレーション

しかし、土産店内には無料の観光用のスタンプがあり
ガイドさんが配ってくれました。

ドン・サオ島の土産店の中には
爬虫類などが瓶詰めされたお酒が売っています。 

コブラやサソリ入りのお酒は見たことあったんですが
カメやアルマジロ(下写真)をつけたものまでありました。。。
アルマジロ漬けのお酒(ドン・サオ島、ラオス)

これらは試飲することができ、チャレンジする人もいましたが
かっなりアルコールがきつそうでした。

一方、こんな微笑ましい光景も。
授乳中の母犬と子犬たち(ドン・サオ島、ラオス)


(2009年2月27日作成)
(2009年2月27日更新)


 ≪白一色の寺院、ワット・ロン・クン 国境の地、メー・サイ ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ