タイ移住記タイスキ! TOP >チェンマイ長期滞在情報:チェンマイ周辺観光 >

ワローロット(ワロロット)市場

母がほしがっている生地をタラート(市場)まで買いに行ってきました。

この日は早めに朝食を済ませ、ソンテウをつかまえて
ワローロット(ワロロット)市場(Warorot Market)へ。

ビアンブア・マンションからワロロット市場近くまで
料金は1人20バーツ(約60円)。

ターペー通りとナイトバザールの交差点を北側へ向かった通り沿いの
右側(ピン川沿い)がトンラムヤイ市場(Ton Lamyai Market)、
左側がワローロット市場。

これら入り口付近の通り沿いに生地を扱うお店がたくさんあります。

この日母が購入したお店。
生地のお店(ワロロット市場)

膨大な生地の量があり、値段もさまざま。
大量の生地(ワローロット市場)

母は手芸に使える生地で値段が安いものを1mづつ11種類も購入。

"ロット ノーイ ダーイ マイ?"

少し安くしてくださいと言ったら通じたものの、

これはもともと1mあたり40バーツするものを
24バーツにしているから、無理だと言われ、交渉終了。

今回はこの買い物だけで終わりましたが
ワロロット市場はかなり大きい3階建ての市場です。

1階は主に食料品、2階が服飾雑貨、3階は小さな食堂と洋服店があり
2階は隣のトンラムヤイ市場と歩道橋でつながっています。

服などを見ていると、びっくりするほどの安さです。
ただ、品質はわかりませんが。

ワロロット市場は毎日24時間営業していますが
服飾などのお店は朝6時頃からオープンし始め、
夕方6時頃には閉まるお店が多いそうです。


(2009年3月 1日作成)
(2009年3月21日更新)


 ≪メー・ホン・ソンからチェンマイへ ワット・ゲート・ガラム(Wat Gate Garam) ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ