タイ移住記タイスキ! TOP >タイ長期滞在について:タイ移住準備編 >

海外旅行保険を格安(無料)で

海外で病気やけがなどをしたときに必要となってくる海外旅行保険。

日本で社会保険や国民健康保険に入っていれば
海外で医療を受けたとしても、保険対象診療であれば
保険が適用されます。

ここで注意したいのは、
医療費は日本でかかる費用を基準に計算されるということです。

例えば、日本で5万円かかる医療を海外で受けた場合、
ある国で支払った医療費が1万円なら保険で全額支払ってくれますが
別の国で支払った医療費が20万円だったら、5万円しか支払ってくれず
残りは自己負担ということになります。

また、外国で医療を受ける必要があると、
日本語が通じるような高級な医療施設を利用すると思います。

そうなると必然的に医療費が高額になり
社会保険や国民健康保険ではカバーしきれません。

また、請求手続きもかなり面倒です。

ですので海外に行くとき、海外旅行保険に入っておくことは必須です。

しかし、保険会社が扱っている海外旅行保険は高く、
1週間程度で3~5千円ほど、数ヶ月ともなると数万円かかります。

もしもの時のために入る保険ですが、費用は極力抑えたいもの。

こんなとき便利なのがクレジットカード付帯の海外旅行保険です。

年会費のかかるクレジットカードだけでなく、
年会費不要の無料のクレジットカードでも
海外旅行保険が充実しているものもあります。

1.傷害死亡・後遺障害保険以外は保険金額を合算できる

複数枚クレジットカードを持っていれば傷害死亡・後遺障害保険以外は
合算できるので、内容が充実しているものを数枚持っていると良いでしょう。

ただし、持ちすぎると管理が大変ですし失くす可能性も高いです。
個人的には3枚ほどあれば十分だと思います。

2.治療費用や救援者費用が充実しているか

クレジットカードを選ぶとき、傷害死亡・後遺障害を重視しがちですが
一番利用する確率が高いのはケガや病気のときに必要な治療費用です。

また、重病や大ケガで日本に移送が必要になった場合や家族に海外まで
来てもらう場合、救援者費用という保険が適用されます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険にはこれらの保険がないものもあり、注意が必要です。 

3.カードブランドはVISAかマスターがおすすめ

日本やハワイなどならJCBはたいてい使えますが
アジア圏ではJCBが使える場所はVISAやマスターに比べて
圧倒的に少ないのが現状です。
(数年前に比べればJCBが使える場所は増えましたが)

タイでクレジットカード使うならVISAかマスターがおすすめです。

4.家族特約をつけるならゴールドカードがおすすめ

家族分の海外旅行保険が付帯している一般カードは少ないのが現状です。

一方、年会費は高いですがゴールドカードなら補償額が高いですし、
家族特約付帯のカードも多いのでおすすめです。

ただ、家族特約の内容はカード会社によってばらつきがあります。

5.クレジットカードの海外旅行保険期間は一般的に90日

海外旅行保険がきくクレジットカードのほとんどが90日間です。

90日以内の旅行ならこれで十分ですが、90日を越える旅行や留学などは
保険会社などが扱う一般的な海外旅行保険に入った方がいいでしょう。

上記を踏まえて年会費無料のオススメカードを集めました。

年会費無料のおすすめカード
海外旅行保険90日、楽天カード以外は海外旅行保険自動付帯

種類 傷害死亡
後遺障害
傷害疾病
治療費用
賠償
責任
携行品
損害
救援者
費用
その他

楽天で買い物がお得に楽天カード

2000万 200万 2000万 20万 200万 旅費を支払うことで海外保険適用

家族特約付きおすすめカード
海外旅行保険90日、海外旅行保険自動付帯(下段は家族特約補償額)

種類
(年会費)
傷害死亡
後遺障害
傷害疾病
治療費用
賠償
責任
携行品
損害
救援者
費用
家族特約
オンライン申込で初年度年会費無料
JCBゴールドカード
(10500円)
5000万
(カード利用で1億)
300万 5000万
(カード利用で1億)
50万 400万 生計を共にする家族で19歳未満の子供のみ
配偶者含まず※
1000万 200万 2000万 50万 200万
※JCBゴールドカードは家族カードを1枚無料で発行してくれるので
配偶者は家族カードを発行してもらえば保険対象となります。



(2009年3月17日作成)
(2011年10月12日更新)


 ≪成田空港自動化ゲートサービスは便利! 海外から日本のテレビを観る方法 ≫ 


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ