タイ移住記タイスキ! TOP >タイ長期滞在日記:2009年タイ滞在記2 >

サヨナライツカの舞台

バンコクで久しぶりに会う友人が連れて行ってくれたのは
チャオプラヤー川のほとりにある、
マンダリン・オリエンタル・バンコク(Mandarin Oriental Bangkok)。

マンダリン・オリエンタル・バンコクといえば最高級ホテル。

2008年9月に現在の名前に改名しましたが
それまでは、ザ・オリエンタル・バンコクの名で、

バンコク初の西洋風ホテルとして建築され
設立以来約130年に及ぶ歴史があるホテルです。

そして、きめ細かなサービスは世界的に高い評価を受けており、
常に世界のトップクラスに選ばれています。

オリエンタル・バンコク内に入ると
ロビーからもう、雰囲気が違い、歴史を感じます。
マンダリン・オリエンタル・バンコクのロビー

 

レストランの予約時間にはまだ早かったので
リバーサイド・テラスで、ゆっくりすることに。

夕暮れ時に、チャオプラヤー川のほとりで飲むビールは最高でした!

そして、乾季に入ったのか、風も少し気持ちよかったですね。
リバーサイドテラス(マンダリン・オリエンタル・バンコク)

友人から聞いたんですが、
来年1月から公開される映画、”サヨナライツカ”

の舞台のひとつとなっているのがここオリエンタル・バンコク。

辻仁成さんの原作本”サヨナライツカ”を読んだ友人によると
このオリエンタル・バンコク内でのシーンがいろいろ出てくるそう。

ロビー、最高級フランス料理レストランのル・ノルマンディーなど。

そして、映画撮影のために、このオリエンタル・バンコクに
主演の中山美穂さんらが来ていたそう。

この話を聞いて、原作本をまず読んでみたくなりました。
辻仁成さんの原作本”サヨナライツカ”

ちなみにル・ノルマンディー、
びっくりするぐらい値段が高いそうですが
サービス、味は本当に最高だったそうですよ。


(2009年12月 1日作成)


 ≪スワン・ルム・ナイトバザールへ  


folder.gifタイ移住記「タイスキ!」 トップへ