定年退職してタイの田舎で生活してみたら・・・

定年退職して第二の人生スタート⁈

いつも飲んでいる牛乳にもいろいろ種類がある!

こんにちは!「タイ好き」です。

私は毎朝、コーヒーを入れて飲みます。

一方、奥さんは苦いのが苦手なので、コーヒーに牛乳(ミルク)を半分くらい入れてカフェオレのようにして飲んだり、ミルクだけ飲んでいる時もあります。

 

先日、いつものスーパーではなく別のスーパーで牛乳を買いました。

その後、奥さんが飲んでみると

奥さん「ミルクがうすいんだけど・・・」

私「えっ、そうなの。一応、生乳100%になっているけど・・・」

奥さん「いつものミルクを買った方がいいね」

私「・・・」

【目 次】

学校給食の苦い思い出

実は、私はあまり牛乳が好きじゃない。

私が小学生の時、学校給食がありました。給食には必ず、牛乳が出ます。

瓶だったり、三角の紙パックだったり。

私は子供の頃から、牛乳の生臭い感じのにおいと味が嫌いでした。本当にイヤイヤ飲んでいて残すこともありました。たまに粉末のコーヒーが付いていて、それを牛乳に入れてかき混ぜてコーヒー牛乳の時は、うれしかったのを覚えています。

何年生の時か忘れましたが、担任の先生が厳しい人で、全部、飲み終わるまで居残りをさせられたことがありました。

そういう苦い思い出があるので、大人になった今でも牛乳はあまり飲みません。

牛乳の種類

今まで、あまり気にしていなかったのですが、牛乳にはいろいろ種類があるんですね。

例えば

・生乳100%使用 成分無調整

・生乳100%使用 成分調整

・低脂肪

・無脂肪

先日、行ったスーパーでは生乳100%使用のもので、成分無調整と成分調整の牛乳の価格差が10円あり、成分無調整が高かった。

一般社団法人J-milk

これらの牛乳の違いを調べようと思い、ネットを見ていたら「一般社団法人J-milk」というWebサイトに書いてありました。

「生乳100%」表示は4種類
牛乳と思って買ったのに表示を見たら、違っていた…、そのような経験はありませんか?
牛から搾ったままの乳を生乳(せいにゅう)といいます。
この生乳だけを原料にしたもので、容器に「生乳100%」と表示されているものには、次の4種類があります。

容器の側面には一括表示欄があり、乳脂肪分や無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分。たんぱく質や炭水化物、ビタミン、ミネラルなど)が%で表示されています。

1. [種類別] 牛乳
生乳を加熱殺菌しただけのものです。
水などを加えたり、成分を除去することは省令*により禁止されています。

季節によって牛乳の成分は変動するので、乳脂肪分や無脂乳固形分の%表示に「以上」の文字がついています。

2. [種類別] 成分調整牛乳
生乳から水分、乳脂肪分、ミネラルなどの一部を除いて成分を調整したものです。

遠心分離機で乳脂肪分の一部を除去し乳脂肪分が2~3%のものや、膜処理技術で水分の一部を除去した[種類別] 牛乳より成分が濃厚なものがあります。
[種類別] 牛乳とまぎらわしいので、商品名を「○○牛乳」としたものはありません。

3. [種類別] 低脂肪牛乳
遠心分離により生乳から乳脂肪分の一部を除去し、乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下にしたものです。

4. [種類別] 無脂肪牛乳
生乳から乳脂肪分のほとんどを除去し、乳脂肪分を0.5%未満にしたものです。
「低脂肪牛乳」、「無脂肪牛乳」はそのまま商品名になっているものが主流です。

成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳ともに無脂乳固形分8.0%以上なので、摂りたいカルシウムやたんぱく質は[種類別] 牛乳と同等に摂れます。

(引用元:一般社団法人J-milk)

牛乳にもいろいろ種類があります。個人の好みもあると思いますが、もう一度、ラベルをよく確認してみるのもいいかもしれません。

今日も読んでいただいている方がいましたら、ありがとうございました。😊